息の太い経営

アパート経営の利点について説明していきましょう。

アパート経営の場合、アパート一棟全体を一人のオーナーが所有して、賃貸物件として入居者に提供していく形がほとんどです。アパートの一室だけ所有、ということはまずありません。
そのため、建物全体はもちろんのこと、土地の所有権を得る必要もあります。

これは、仮にアパート経営が失敗してしまった場合でも、土地が手持ち資産として残ることを意味します。前述したように、リスクヘッジとしてはかなりのメリットです。
アパートの経営が失敗してしまった場合、残った土地をまた別の形で提供し、資産運用の新たな形として設けるか、もしくは不動産担保ローンなどに利用して別事業を始めるための融資金調達の手段にするかは自由です。つまり、かなり自由度の高い資産運用が可能な投資物件と言えます。

もちろん、失敗してしまうことだけを考え続ける必要はありません。アパート経営の利点は、安い賃料にあります。
賃料を安く抑えることで、入居希望者は増えるでしょう。また、賃料が安いからと、入居者も潤沢な設備を期待していません。その分、安く建物を仕上げることができるため、準備費用も抑えられます。

しかし反面、その安い賃料がネックになる場面もあります。賃料が安ければ、家賃収入の総額も低くなってしまうので、一息に莫大な利益をあげる、というようなことはなかなかできません。
長いスパンを見て、徐々に利益に転換していく息の太い経営が求められるでしょう。