住居としての価値

マンション経営の利点について説明していきましょう。

マンションの場合、一棟すべてを一人のオーナーが所有する、ということは少ないです。マンションの建設から土地の所有まで、すべてを一人のオーナーの資金で行うとすると、かなりの費用がかかるためです。初期投資額としては大きすぎるため、基本的には、マンションの中の一部屋、ないし二部屋だけの所有権を購入し、入居希望者に貸し出すという形になることが多いようです。

マンション経営の最大の利点は、マンションそのものを購入するわけではないため、自己資金が少なくても始められるということです。
初期投資額が少なくても始められるため、誰でも投資物件として考えることができます。

また、マンションのほうがアパートよりも、住居としての価値は高いのが一般的な考え方です。
仮に同じ条件であったとすれば、アパートよりもマンションに住みたいと考える人のほうが多いのは道理でしょう。マンションのほうが壁・床などの材質が良く、防音性、耐燃性、また防犯性なども拡充されている場合が多いからです。
もちろん、実際にはマンションのほうがアパートよりも賃料が高くなりがちで、そこがアパートに住むかマンションに住むかの決め手にもなっています。しかし、少々賃料が高くても住む価値ありと思う人は多く、そういった人をターゲットにした経営を進めていくことで、途絶えることのない家賃収入を得ることも夢ではありません。