成功と失敗

予め言っておきましょう。実際には、アパートであってもマンションであっても、投資物件として運用することは十分可能です。
それは世の中にどれだけの数の賃貸アパート、賃貸マンションが存在するのかを考えてみるだけでも明白でしょう。賃貸アパートや賃貸マンションが存在するということは、それだけ投資物件としての価値が高く、運用に成功しているということなのです。
ただ、だからといって必ずしも成功しているわけではないことも、併せてお伝えしておかなければならないでしょう。時折、アパートやマンションのオーナーが変わることがあるというのはご存知でしょうか。あれは採算がとれなくなった投資物件を売却し、所有者が変更になったためです。投資物件として運用しても、失敗してしまい、リスクに耐えかねて手放す人も多いということです。もちろん所有者がつかず、取り壊しになる物件もあります。

成功するも失敗するも、アパートだから、マンションだからという理由ではありません。どちらも起こりえることなのです。
これを踏まえた上で、しかし、アパートならではの特徴、マンションならではの特徴を活かして、できるだけ多く、確実に投資額を回収し利益を産むためにはどうすれば良いのかを、投資家たちは常に考えていかなければなりません。